ヴォイスセラピー

「声を出す」ことの効果と活用法

普段無意識に発している私たちの「声」。

声を出すこと、歌うことにはたくさんの心理的効果があります。

本記事では「声」に関する心理学的な面からの効果、スピリチュアル的な活用法などを書いてみたいと思います。

「声を出す」ことの心理的効果



ストレスマネジメントになる


頭と心と体は繋がっているというボディサイコセラピーの理論から、声を出すということはストレスマネジメントになります。

簡単に言うと、声を出すことでストレスを解消できるということです。それを以下に記していきます。


ストレス状態とは


人は自分の思考と感情に不一致が起きると、喉にストレスが現れます

思考と感情の不一致とは、考えていることと気持ちが一致していない、感じていることと言っていることが一致していないという状態です。

例えば、駅の階段でつまづいて、思いっきり転んでしまった。側に居た人が心配して「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。

足を擦りむいてとても痛いのに、恥ずかしさのあまり咄嗟に立ち上がって「大丈夫です!」と言って何事もなかったようにその場を去る。

また、苦手な人と偶然顔を合わせた時、心の中では「あー、会いたくなかったな」と思っているけれど、相手の顔を見た瞬間、「わぁ○○さん、お久しぶりですー!お元気でしたかー?会いたかったですー!」と言ってしまう

このように、感情や気持ちと、考えていることや言っていることが不一致な状態のことを指します。

このような場面は日常にたくさんあるのではないでしょうか。このような状態が積み重なると、人は喉にストレスを感じるようになります。


喉にストレスを感じた時に表れる症状とは




喉にストレスを感じると、喉が狭くなったように感じる、つっかえる感じがする、声が出しにくい、声が小さくなる、震える、咳払いが増える、といった症状が出ます。

みなさんはどうですか?風邪や体調不良でもないのにこんな症状が出る場合は、喉にストレスを感じている状態かもしれません。



喉のストレス解消方法


それはずばり、「大声を出す」ことです。

大きな声を出して、物理的に喉を通してしまうということです。それだけで喉のストレスが解消されます。簡単ですね。

そして更に効果的なのは、「歌う」こと。

カラオケは大きな声を出して、リズムに乗って体を動かしながら、いつもと違う呼吸をします。

カラオケで思いっきり歌ったらスッキリした!という経験は、誰にでも一度はあるのではないでしょうか。私たちの頭・心・体すべてにかかるストレスを解消するために、「歌う」ことはとても有効です。


自己肯定感が上る



アファメーション


アファメーションとは、なりたい自分やありたい自分になるために、自分自身にかける肯定的な言葉です。

肯定的な自己暗示、自己宣言と言えます。

「私には無限の可能性があります」

「私には素晴らしい才能があります」

「私はたくさんの人たちに良い影響を渡すことができます」

「私は彼に愛されています」


など、「私は」または「○○(自分の名前)は ~~ できる、~~だ」というように肯定的、断定的な言葉を使って自分に言い聞かせるようなイメージです。

これは心の中で唱えてももちろん良いのですが、「声に出す」方がより効果的です。

自分の声をいったん外に出し、自分の声を自分の耳から聴くことで、アウトプットとインプットができます。自己暗示をかけやすいということですね。


日常的にアファメーションを取り入れることにより、ポジティブな言葉で潜在意識が書き換わり、自己肯定感が上ります。

自分で自分にポジティブな声かけをすることで、自己承認ができるようになったり自分に自信が持てるようになったり、自分自身を好きになることに繋がるのです。

私は元々とても自己肯定感が低く自分のことが大嫌いでした。でも毎日自分に「今日も可愛いね」「きれいだね」「私にはできるよ」と言い続けることで、不思議と「私は可愛い」「私は美しい」「私はできる」と思えるようになり、自信が持てるようになってくるから不思議です。笑


自分の声が好きになる


自己肯定感が上るということは自分自身を好きになることに繋がるので、声を出すことで自然と自分の声も好きになります。


私の小学生の頃の将来の夢は、声優になることでした。そして中学・高校では演劇部に入り、短大を卒業後アナウンススクールにも通いました。

その後紆余曲折があり声を使う仕事を諦めてしまいましたが、昔から歌うことが好きだった私は、結婚して子育てが一段落した頃からボーカルレッスンに通い始めます。

そんな経歴の私ですが、私はずっと自分のことが嫌いだったので、自分の声も大嫌いでした。

女性のわりに低い声で何の特徴もないし、何も良いところなんてないと思っていたのです。

現在は歌うことや話すことなど「声」を通じてソウルワークや自己表現をしていますが、潜在意識の仕組みや心理学を学び、自分の好きな「声を使うこと」を通じてたくさんチャレンジする中で、ようやく自分の声が好きだと思えるようになりました。今では自分の声がとても良い声だと思えるし、自分の声が大好きです。


余談ですが、歌や朗読など「声を出すこと」が好きな方や、自己紹介やスピーチなどの暗記が必要な方は、ぜひ自分の声を録音して聴いてみてください。

初めはとても聴くに堪えないかもしれませんが(私はそうでした)、繰り返し自分の声を聴くことによって歌い方や話し方の癖がわかり、効果的な歌い方や話し方、声の出し方など自分自身の声を客観的に見ることができます。

声を通じて、自分自身に新しい発見があるかもしれません。


「声を出す」ことのスピリチュアル的な効果と活用法



自分の声が持つ癒しの効果


自分の声は、他の誰の声よりも自分自身を癒やすことができます。

ですがそれは、自分の声が好きであることが大前提です。

ここではスピリチュアル的な活用法として紹介していますが、私は心理学とスピリチュアルは深い部分で繋がっていると考えています。

なのでどちらにも共通して言えることとして、声を出すことでストレスマネジメントができる、自分自身を癒やすことができる。セルフヒーリングになります。

みなさんは「出す」ことについて考えたことはありますか?人間の体の仕組みとして「排出する」ことは自然の摂理であり本能でもあります。「出す」ことで癒される、ごく当たり前で自然なことなのです。


そして、当たり前ですが、いつも自分と一緒に居るのは自分です。その自分の声を、私たちは生まれてから今日までずっと毎日、一日も欠かさず聴いています。

私たちはこの世に産まれてくる直前まで、母親の胎内でお母さんの声を身体を通して聴いていました。きっとお母さんの声は、胎児だった私たちにとって、何より安心できる癒しの声であったはずです。

記憶には残っていなくとも、私たちの心や魂は、その時の感覚をちゃんと憶えています。

だから、こうして外の世界に産まれ出てからは、今度はそれが自分自身の声になるのです。

そう考えると、自分の声がとても愛おしく思えてきませんか?あなたの声は唯一無二のあなただけのものなのです。ぜひ自分の声で自分自身を癒やしてあげてくださいね。



チャクラヒーリング



声を出すことによって、チャクラのクリアリングとヒーリングをすることができます。
私たちの身体には7つのチャクラ(エネルギーや気が出入りする場所)が存在します。

チャクラはサンスクリット語で「車輪」という意味があり、回転しながらエネルギーを取り込んでいます。
このチャクラの働きが鈍くなるとエネルギーの循環が滞り、肉体や精神の働きが鈍ってしまいます

チャクラを活性化させるにはいろんな方法がありますが、「声」を使ってチャクラを調えることを「トーニング」と言います。

音には周波数があります。音を出すことで、肉体だけでなく、感情体やメンタル体、スピリット体をヒーリングし、細胞やチャクラ、オーラまで調和させることができます。


「声を出す」ということにいちばん大切なチャクラは第5チャクラ、喉のチャクラです。

第5チャクラは表現力やコミュニケーションを司るチャクラで、「声」を仕事にしている人や「声」で自己表現をしたい人にとって、特に重要なチャクラです。

このチャクラが詰まっていると、先述のように喉にストレスの症状が現れることがあります。

そしてツインレイや今世でアセンションをする人たちが、使命に生きるため、自分の本当の人生を生きるため、幸せな人生を生きるために必要な、「本音」を伝えるという意味でも、喉のチャクラをしっかりとクリアリング、ヒーリングすることがとても大切です。



トーニングの方法


ここでは第5チャクラ、喉のチャクラのトーニング法をお伝えしていきます。瞑想をする体勢で行うのが効果的です。

  1. 座った状態で両手のひらを上に向けて身体の力を抜きます。
  2. ゆっくりと深呼吸をしながら、軽く目を閉じます。
  3. 呼吸に合わせて「えーーー」と声を出していきます。

喉のチャクラを意識して、音とともにチャクラがピカピカになり、くるくると回り出すイメージをします。

第5チャクラのカラーはターコイズブルーなので、ぜひ喉にターコイズブルーの色をイメージしながら声を出すとより効果的です。

 4. 喉のチャクラがきれいになった、癒された、と感じたらゆっくりとした呼吸に戻し、自分のタイミングで終了してください。

あいうえおの「え」の音は第5チャクラに対応している音です。自分が心地良く感じる声の大きさとトーンで、自由に声を出してみてくださいね。


まとめ



「声を出すこと」の効果と活用法を、心理学的な面から、スピリチュアル的な面から書いてみました。


☆ストレスマネジメントとしての効果(大声を出す・カラオケで歌う)

☆自己肯定感が上る(アファメーション・自分の声が好きになる)

☆自分の声が持つ癒しの効果(自分で自分を癒やすことができる)

☆チャクラヒーリングに活用できる(トーニングの方法)


ぜひ日常に取り入れて、ストレスマネジメントやセルフヒーリングに役立ててくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Healing voice前のページ

地球の次元上昇で起きる「ツインレイ」との出逢い次のページ

関連記事

  1. スピリチュアル

    2024年冥王星水瓶座時代へ!前に進みたいのに進めない時の6つのステップ

    2024年、本格的な「風の時代」へと移行が完了する大事な1年…

おすすめ記事

  1. ツインレイ女性に今起きていること~2024年後半を軽やかに次…
  2. 50代女性が人生を軽やかに生きるために手放すべきもの
  3. 「声を出す」ことの効果と活用法
  1. ツインレイ

    ツインレイ女性に今起きていること~2024年後半を軽やかに次元上昇するための5つ…
  2. ツインレイ

    地球の次元上昇で起きる「ツインレイ」との出逢い
  3. スピリチュアル

    2024年冥王星水瓶座時代へ!前に進みたいのに進めない時の6つのステップ
  4. ヴォイスセラピー

    「声を出す」ことの効果と活用法
  5. その他

    Healing voice
PAGE TOP